カスタム検索
NICHOLAS PETTAS BLOG: Wikipedia の日本語版もありました。。。

Tuesday, September 30, 2008

Wikipedia の日本語版もありました。。。

ニコラス・ペタス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
ニコラス・ペタス
基本情報
本名
ニコラス・ペタス
通称
青い目のサムライ
階級
ヘビー級K-1
国籍
デンマーク
誕生日
1973年1月23日(35歳)
出身地
デンマーク
ニコラス・ペタス(Nicholas Pettas、1973年1月23日 - )は、デンマーク出身の男性空手家キックボクサー。身長180cm、体重105kg。チーム・スピリット・AE所属。
2003年12月には、「ザ・スピリット・ジム」を東京都港区赤坂にオープンした。
目次[非表示]
1 来歴
2 戦績
3 エピソード
4 出演作品
5 関連項目
6 外部リンク
7 脚注
//

[編集] 来歴
1991年極真会館総裁大山倍達内弟子となる。大山にとってペタスは最後の内弟子であり、「大山倍達最後の内弟子」は、ペタスのキャッチフレーズにもなった。
1998年よりK-1に参戦し、2001年にはK-1 JAPAN王者にも輝いた。
2001年12月8日、K-1 WORLD GP 2001の決勝大会で、アレクセイ・イグナショフと対戦。2R、イグナショフの首相撲からの膝蹴りが顔面に直撃し鼻骨を骨折、TKO負け。
2002年6月2日セルゲイ・グールとの試合で右ローキックを繰り出したところ、グールが左膝でブロックし、右脛を骨折。長期欠場を余儀なくされる。さらに、本人の了承なしの極真会館の記者会見で事実上の引退状態に追い込まれていたが、2005年10月9日にオランダでムエタイルールの試合を行い(2RにTKO勝利)、現役復帰を果たした。
2006年3月18日、XPLOSION SUPER FIGHT 13のセミファイナルでマット・サモアと対戦予定であったが、興行の途中で観客が発砲する騒ぎが発生し、試合は中止となった[1]
2006年12月31日K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!にてバダ・ハリと対戦。実に4年振りとなるK-1出場であったが、1R中盤にバダのキックで左腕を痛めてしまい、2Rにバダのボディブローを負傷している左腕に受けてしまい、ダウンを取られ、セコンドがタオルを投入、敗北した。またしても、左腕の骨折というアクシデントを負った。
2007年8月5日、K-1 WORLD GP 2007 IN HONG KONGにてピーター・アーツと対戦。序盤にはフックの連打で、アーツをロープ際に棒立ちにさせたチャンスもあったが、最後はアーツの右ハイキックでKO負け。
2007年11月9日にジム開きされた「A・E FACTORY」の打撃担当コーチに就任。
2007年12月31日、「K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」でキム・ヨンヒョンと対戦。身長2mを越す長身の相手の圧力に押し込まれる部分もあったが、右ローキックを相手左腿に集め、2RにKO勝ちした。入場時には綾戸智絵の生歌で入場した。
2008年2月29日、クラブファイトイベント「SMOKER's」をプロデュース。ペタス率いる「チーム・ペタス」と、阿部裕幸率いる「AACC Tigres」の対抗戦が行われた。
2008年8月9日K-1 WORLD GP 2008 IN HAWAIIの1回戦でリック・チークと対戦するも、右太腿内側の筋肉を負傷し、試合放棄した。
[編集] エピソード
非常に流暢な日本語を話す。前述の右脛骨折の際には「折れた折れた!」と日本語で連呼していた。
格闘技のほか、俳優としても活躍しており、2008年6月9日、フジテレビで放送されたドラマ・CHANGE第5話にゲスト出演した。
サッカー元日本代表の中田英寿のガードマンになったこともあった。
内弟子時代、まだ身体の小さかったペタス青年に対し、故大山倍達総裁が事ある毎に「(体重を)あと10kg増やしなさい」と指導した。ペタス青年は奮起して鍛錬に取り組み、ようやくヘビー級の身体を作り上げたが、総裁はそれを見て「太り過ぎだ」と言っただけだった。

[編集] 出演作品
シベリア超特急5
THE WINDS OF GOD-KAMIKAZE-
あゝ!一軒家プロレス
テレビドラマ-パズル(2008年5月、テレビ朝日系)
CHANGE第5話