カスタム検索
NICHOLAS PETTAS BLOG: This is Japanese Shiitake

Friday, December 26, 2008

This is Japanese Shiitake


So down in Izu, Shizuoka I met a lot of great people, it was a lot of fun and I got to work a bit outside in the forest. I guess that you never really think about how the small things that goes into your bento box are made, well there is a huge amount of work done in just getting the Shiitake ready. I was very impressed with the farmers, being a 4th. generation farmer the last in line of more than 150 years of tradition of making Shiitake. Imagine the growth in the industry when the chainsaw was developed? Or when the car and caterpillar was developed? Now a days the farmers have 10.000 logs to prepare per season, and they don't sprout any Shiitake until the 3rd. season. That means you don't get to see the fruits of your labor until 3 years later, then there is a lot of rotating the fields and harvesting. The funny thing is that once they bloom they grow from a tiny little sprout to a full grown Shitake in less that 3 weeks!


静岡、伊豆に行ってきました。シイタケの畑を研究にというよりもシイタケはどうやって育てるか、それとその育てる人たちの情熱をさぐりながらおいしいシイタケを作って、食べて僕はDelicious Nipponのロケーションレポーターで行きました。シイタケはいつもお弁当に入っている、お正月の料理に出ている、シイタケご飯。。。たくさんな料理に出ているけど、そんなに目が行くというよりもないとお弁当は始まらないって感じですが。そのシンプルなシイタケは実に言うとすごい手間がかかっている、一つの畑に5万本を立てて毎年3年後のシイタケの準備をしている作業は本当にすごいです。自分は番組内で一通りをやりましたけど、たった1日修行であんなにシイタケと親しくなると思えなかったですけど。これからシイタケを食べることがあればその1日の体験は絶対に忘れられないです。NHKの国際放送部のおかげです、ブリやシイタケと本当に好きになりました。ちなみに、あのシイタケはシーズンが始まったけど、0.2cmから大人の立派なシイタケまで大きくなるのは何と3週間以内で育つみたいです。前振りは長いけど始まると早いです、よく森のアワビって聞きましたけど、僕は森の流れ星っていうっていいんじゃないかと思いました!